FXの利益と損失


hiuserll FXは外国為替市場の為替相場の変動を利用し、2つの異なる通貨を売買して、その為替差益を求めていく投資取引になります。
テレビなどのCMでもお馴染みになり、少ない資金でも投資が行えることで、投資の初心者からも人気を集めているFXですが、為替相場のレート変動を利用しているために、投資した結果が利益ばかりになるわけではなく、時には損失を招くこともあります。

FX取引で利益を掴む方法はいくらかありますが、その一つ一つはそれほど難しくはありません。
一番わかりやすい取り引きで説明すると、例えば1ドル100円という為替相場があった場合、このドルを1万ドル分100万円で買い、為替レートの変動を待ち、1ドル101円になったときに先ほどの1万ドルを売れば101万円が手元に戻ることになり、投資額との差し引きで1万円の利益が出ることになります。
こうしたことを繰り返しながら、FXでは利益を積んでいくわけですが、100万円を投資して1万円の利益では少し利が薄すぎますし、それこそ、初心者の投資家にはなかなか用意できない投資額になります。

そこでFXではレバレッジという仕組みを用意しています。これは投資家がFX業者に取引口座を作る際に証拠金を預け入れ、その証拠金を担保に、投資を行う際に資金を倍化することができる仕組みになります。
これにより、国内業者であれば投資金額の最大25倍の、海外業者では数百倍の資金を使って取引が行えるのです。

これにより、先の例では100万円を使わなくては1万円の利益が得られませんでしたが、25倍のレバレッジを掛けて同じ投資を行えば、その資金はわずかに4万円で済み、利益は同じ1万円となるのです。
しかしこのレバレッジは、利益を大きくするのと同時に、万が一損失にレートが動いた場合はその損失額も大きくしてしまうため、大きな為替レートの変動などがあると、簡単に巨額の借金を背負ってしまうという状況も発生してしまうのです。

FX取引業者は、顧客がこうした状況に陥らないようにするために、大きな負債が出そうな注文は、その場で強制的に決済注文をして解消をしてしまう「ロスカット」という仕組みを用意しています。
これにより、投資家は預けた証拠金以上の損失により、追加の証拠金を払わなくて済む、つまり、借金を負わなくても済むようになっているのですが、数年に一度ともいえる金融ショッククラスの大きな為替相場の混乱があると、一瞬でこのロスカットの発動ラインを超える負債が発生することもあり、こうした場合には、残念ながら数十万、数百万という追加証拠金を求められ、巨額な借金を抱えてしまう投資家もいます。

FXを行う以上は、常にこうしたリスクが起こる可能性がある、という事を念頭に置いて取引をしていくことが必要になります。
また、FX取引業者の中にはゼロカットシステムと呼ばれるような、追加証拠金を一切取らない仕組みを用意しているところもありますので、そうした業者を利用してみるのも一つの対策手段となるでしょう。
 

上がる? 下がる?

FXは資産運用に最適の方法になっています。

上がるか下がるかを予想する単純なものになっていますが、十分に資産運用に利用することができます。

うまく、市場の癖や流れをつかむことができれば、安定した収益につながるので、資産運用に適しています。

安定した収益を得るために、テクニカル分析やファンダメンタルを利用してトレードするのもオススメです。