バイナリーオプションは途中で権利放棄ができる


hiuserfs バイナリーオプションのランキング参照時に効率的な投資を進めていくにあたって、ぜひ知っておきたいのが権利放棄のシステムです。これまでは、この権利放棄は、できる業者とできない業者がありましたが、日本国内については、業界の自主規制によって、すべての業者が現在できるようになっています。海外業者でも、多くが対応しています。

本来バイナリーオプションは、オプションを購入後は、満期まではなにもすることができず、結果が出るのを待つだけでした。そして予想があたれば、配当金を受け取ることができて、予想が外れれば、投資した全額を失うというシステムです。

明らかに予想が外れると判断したら

しかしこの権利放棄のシステムでは、満期の前に、手持ちのオプションの精算が可能なのです。例えば、あるオプションの購入の直後から、レートは自分が予想したのとはまったく違う動きをして、満期までまっても、まず予想は当たらないという判断をしたとしましょう。そのときにこの権利放棄のシステムを利用して、途中で精算(売却)をしてしまえば、満期まで待っていれば全額が戻ってこない投資金の一部の返還を受けることができるのです。こうすれば、そお戻ってきたお金を元に、再度別のオプションに投資することで、損失を取り戻すことだって可能なのです。

権利放棄は、以下の様なケースで有効利用ができます。

1.途中で明らかに予想が外れると判断した場合

例えば、レートが上昇すると予想して購入したオプションが、購入直後から下落して、満期まで待っても始まった時のレートを上回らないと確信した時は、権利放棄をすることで、当資金の一部の返還を受けることができます。

2.予想通りの方向へ動いているけど、設定されたレートまでは届かないと判断した時

例えば、バイナリー88ワンタッチオプションなどで、レートの動きの方向は合っているが、設定されたレートに満期までには到達しないと判断した場合にも、権利放棄が使えます。このようなケースでは多くの場合、満期まで持っていたときのペイアウト率よりは低いですが、幾らかの配当金がもらえることになります。

権利放棄ができる業者のほとんどでは、取引画面の中に、その時点で権利放棄をすれば何%の金額が戻ってくるのかが表示されますので、これを見ながら判断をすることができます。

またこの権利放棄はいつでもできるのではなく、オプションの発売時~満期の2分前までなどに制限されています。
 

上がる? 下がる?

FXは資産運用に最適の方法になっています。

上がるか下がるかを予想する単純なものになっていますが、十分に資産運用に利用することができます。

うまく、市場の癖や流れをつかむことができれば、安定した収益につながるので、資産運用に適しています。

安定した収益を得るために、テクニカル分析やファンダメンタルを利用してトレードするのもオススメです。