バイナリーオプションについて書きたいと思います


hiuserバイナリー取引とは証券会社が発売する商品のひとつで簡単に言えば為替が上下どちらにふれるかを当てる簡単なシステムの投資商品です。

ルールは簡単、例えばドル対円の商品ですと、開始時刻または、商品購入時点のレートから円高に振れているか円安に振れているかを予想するだけです。一度、商品を購入するとFXなどと違って考える必要はなく終了時刻をまっていればいいだけで本当に簡単です。

もう少し言いますと、例えば9時スタートで9時10分終了のこのバイナリーオプションの商品があったとします。購入受付の終了などは証券会社によっても違うのできちんとルールを確認しましょう。

そして9時現在のレートが1ドル100円だったとします。私が例えば円高に振れるほうの商品を購入したとしますと9時10分の終了時刻でのレートで投資結果が分かります。例えば9時10分のレートが99円90銭だったとします。すると私の投資予測は当たっているので、投資金額の約2倍の払い戻しがあります。

この払い戻しの金額は証券会社によっても、また同じ証券会社でも商品でも違ってくるのできちんと確認しないといけないと思います。2倍の商品もあれば、1,7倍など商品もありますのでこれをきちんと確認しないといけないと思います。そして、今のは投資が成功した例ですが、今度は失敗した例である円安に触れた場合です。

つまり、9時10分のレートが1ドル100円10銭だったとします、その場合は投資金額全部が没収になるだけで、FXなどと違い投資金額がなくなるだけで、追証といわれる追加証拠金などを求められることがありません。

この投資商品の一番のいいところは、自分の投資した金額の約倍の払い戻しが受け取れる事と、あるいは逆に投資に失敗してしまった場合でも投資金額以外のお金がかからないという事です。

やはりFXなどはもう最近はほとんどありませんが、急激な相場の変動時などは、追加証拠金がかかることがありますが、このバイナリーオプションという商品はそれの心配が全くありません。そして、投資したが最後後は結果をまってるだけという簡単な商品ですのでお勧めです。

この商品は10分で終わるものもあれば、1日後のレートを予想するなど色々な商品があります。自分にあった商品を選ぶのも大切な事だと思います。1日の商品などは、購入後後は、パソコンの前に座っている必要もなく仕事してもいいですし、買い物に行ってもいいですので、本当に簡単な商品だと思います。

まずは口座開設から始めてみましょう。バイナリーオプションの取り扱いのある会社のほとんどは、インターネットから名前や電話番号、メールアドレスなどの簡単な必須項目を入力し、口座開設ができます。そして、入金方法はいくつか選択肢がありますが、海外のバイナリーオプション業者の場合は、クレジットカードでの取引が簡単な手続きで済みます。

副業の税金

副業をしているならば、税金においては確定申告をするのが国民の義務になっています。
ネットやオークションの収入に対しては必ず自己責任で収入の管理をする必要があります。副業の種類や収入によってそれぞれ適した確定申告の方法があります。
雑所得として見るか、事業所得として見るかによります。

明確な線引きはありませんが、収入に関しては必ず納税はあると言う事を自覚しなければなりません。お小遣い程度だからと言って、知らずに確定申告を怠ってしまうと後で大変な税額が発生する場合もあります。

副業を始める場合には、経費や取引の明細を保管し、必要に応じて正しく確定申告を行っていきます。
確定申告が必要な方は、大きく分けて2つの条件に当てはまる人になります。一つ目の条件は給与を1か所から受けている場合に他の所得金額が年20万円を超えている時です。
ネット取引やオークションだけに限らず、FX(外国為替証拠金取引)においても収入が20万円超えるのであれば、納税義務があります。

もう一つは給与2か所以上受けている場合に年末調整をしていない給与を含む所得金額の合計が年20万円を超える場合に納税が必要になります。
しかし例外として給与所得の収入金額の合計から、所得控除を引いた金額が150万円以下、その他の所得金額の合計が年20万円以下の場合は確定申告は不要になります。

不要だからと言って、住民税の申告が必要な場合もあります。それは給与所得を受ける勤務先から、給与支払い報告書が提出されていない場合になります。

詳しいことに対しては市区町村にお問い合わせする必要があります。各所得の税率と計算方法に関しては、副業を含む所得、合計の所得に対して課税されます。必
要経費を除いた総所得に対する税率があり、分離課税に対するものを除き、5~45%の6段階で課税させていきます。

しかし平成27年分以降に関しては、5%~45%の7段階になり、区分される累進課税となっていきます。累進課税とは課税標準が増えるほど、より高い税率を課する課税方式で、この制度下にいける税率を累進税率と呼ばれ、それぞれ課税対象の額に応じて率が変わっていきます。

平成25年~平成49年まではその年の基準所得税額の2.1%に対しては復興特別所得税として合わせて申告・納税をしていきます。
国の方でも今後、副業を認める労働制度を改定することが検討されており、個人各自が今後確定申告をすることに対して、知識を得る機会が今後増えてる予想されます。

今現在、副業をされている方は納税義務に対して知識をしっかり把握する必要があります。
 

上がる? 下がる?

FXは資産運用に最適の方法になっています。

上がるか下がるかを予想する単純なものになっていますが、十分に資産運用に利用することができます。

うまく、市場の癖や流れをつかむことができれば、安定した収益につながるので、資産運用に適しています。

安定した収益を得るために、テクニカル分析やファンダメンタルを利用してトレードするのもオススメです。